REGISTRO

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーホール再び

<<   作成日時 : 2017/04/12 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ストラトに続いて、ようやくこちらもオーバーホールを終えました。

画像


このマスタングも気がつけば入手して15年位も経っていましたが、一度もオーバーホールしたことはなく。オーバーホールしたストラトがビックリするくらい綺麗で弾きやすくなって帰って来たので、マスタングも早くやろうと。

今回もフレット交換&ネック調整、全分解でのクリーニング&電気系のチェックをお願いしました。
結果は写真の通り、綺麗になって帰ってきました(涙)

画像


今回もおもいっきり減ってしまっていたフレットを、Fender Vintageに交換。更にフレットのクリーニングを行い、ネックも調整したことで弾き味スッキリ、イイ感じになりました。

が、今回、ムスタングはストラトと違って問題点も見つかり。。。

画像


1つ目はポッド。
ヴォリューム、トーン共に僅かにガリが出ていましたが、これが解消せず。高いパーツでもないことから2つとも新品に交換しました。

そして何より気になるのはトレモロシステム。

画像


今回、ブリッジ部のセッティングを変えたことも若干関係はありそうですが、経年の使用のせいで、テールピース部とブリッジ支柱のニードル部のところが削れて(?)若干変形しているようで、派手にアームアップ&ダウンを行うと、”カキン”という異音がすることが確認されたのですが、、、根本解決にはトレモロシステムを新品にするしかないとのこと。更に問題はFender USAのパーツは既に生産されていないことから、デッドストックを見つけるしかなさそうだということです。
現在もFender JAPANの補修パーツはあるようなので、機構の担保は何とかなりそうですが、やっぱりUSAのパーツを使いたい。オークションとかで探すしかないかなぁ。。。

どなたかお持ちじゃないでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーホール再び REGISTRO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる