REGISTRO

アクセスカウンタ

zoom RSS ディーラー試乗記 アルファロメオ ジュリア

<<   作成日時 : 2017/11/08 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シボレーの試乗のお誘いがあったことで、そういえば最近ニューモデルってあまり気にしてなかったけど、何か興味ありそうなクルマってリリースされていたっけ、、、ってそういえばありました!

本国発表からはもう随分時間が経過していますが、ようやく正式に上陸してきた期待の一台。

画像


まだディーラーに展示・試乗車が入ったばかりなので、結構目当ての人が来ているかもと思いましたがそうでもなく。サクッと試乗の予約が出来てしまいました。

画像


ディーラーには2台の展示車と2台の試乗車があり、先ずは展示車を見させてもらうことに。

現在、日本に入ってきているディーラー車のラインナップは、

@ジュリア(受注生産)
Aジュリア・スーパー
Bジュリア・ヴェローチェ
Cジュリア・クワドリフォリオ

の4グレード。
なんですが、これが意外と細かな違いがあり、自分にとってのベストを選びたければこの違いを良く理解していないと難しいということが判りました。
ポイントになりそうなところを書き出すと、

@ 右H 2ℓ直4ターボ 200PS FR 前225/50R17後225/50R17 約450万
A 右H 2ℓ直4ターボ 200PS FR 前225/45R18後255/40R18 約550万
B 左H 2ℓ直4ターボ 280PS AWD 前225/45R18後225/45R18 約600万
C 右H 3ℓV6ターボ  510PS FR  前245/35ZR19後285/30ZR19 約1150万

こんな感じ。
これ以外にも微妙な重量、トレッド、ギア比の違いはありますが、そこは殆ど上に書いたプロフィールに正比例的なものになっているので、ちょっと荒っぽいですが無視します。
@は受注生産だし、まあA〜Cだけと思ってもいいと思いますが、これは微妙で悩みますねぇ。。。

自分はFRに興味ありなので普通に考えるとスーパーorクワドリフォリオになりますが価格も倍。クワドリフォリオはタイヤだけでも数十万コース。一方、左H設定はAWDのヴェローチェのみ。どうせなら左Hの方がいいんだけどなぁ。。。

そんなことを考えながら先ずはスーパー、ヴェローチェ、2台の展示車をみてみることに。

パッと見て一番の印象の違いはインテリア。

画像


スーパーはダッシュやセンターコンソールに木目のプレートが貼られ、全体にややコンフォートな印象。でもこれって昔のジュリアっぽくて悪くないなって思いました。

画像


一方のヴェローチェは黒革基調でよりスポーティな感じ。クワドリフォリオになるとここにカーボン調のパーツなんかが織り込まれてきます。

パッと見、エクステリアで異なる箇所は少ないですが、ホイールデザインの違いと

画像


マフラーエンドの数の違いくらい。(スーパーは左1本出し、ヴェローチェは左右1本出し、クワドリフォリオは左右2本出し)

自分は正直スーパーが一番いいなと思いました。クワドリフォリオはイケイケ感が強過ぎていずれ飽きちゃうかなと思ったので。

さて見てみての印象だけでは本当のところは判らないので試乗をしてみることに。
試乗車はアルファブラック・ベージュ内装のスーパー。
実はこちらにはクワドリフォリオの試乗車もあったのですが、自分に用意されたのはスーパー。ちょっと残念。やっぱりどうせなら乗ってみたかったクワドリフォリオ。まあ仕方ありません。

クルマに乗りこんで印象的だったのはステアリング周り。
ステアリングがかなり小径。36、いや感覚的にはそれより小ぶりに感じられる位なのでかなりスポーティです。
またパドルが大きく長いですが、これはステアリングに連動して回らないタイプなので、わざと大きくしているのではという気がします。

画像


そしてモードセレクタ。「Dynamic」、「Natural」、「Advance Efficiency」、クワドリフォリオは更に「Race」が加わります。

「それじゃあ行きましょうか。」

画像


試乗に出て最初に感じたのは、出だしの加速。アクセルに足を置いただけでは全く出て行かない。かなり意識して踏みこんでようやく普通にという感じ。

画像


この直4、絶対的な力感や回転フィーリングに不満はなかったので、どちらかというとそういうセッティングなのではと思います。まあこの辺は乗り方を覚えればほぼ問題なし。癖を理解すると途端にいいところが判り始めます。

「いいですねぇ、思ったより軽い感じで軽快ですね。それに外で見るより全然運転してる方が大きさ感じないですね。これは運転しやすいな。」

「今度のジュリアは全長が約4.6m、全幅が1.8m、さすがに小さくはありませんけど、そこまで大きくもありません。同じ4ドアセダンのマセラティ・ギブリなんかよりフィーリングが圧倒的に軽く軽快なのが特徴ですね。」

200PSのスーパーでも街中では全く不満なし。高速やワインディングを考えるとヴェローチェの280PSが魅力的になってきます。

「いや〜、ホントにいいですね。どっちかというと159より156に近い感じを受けますね。」

ディーラーの方によると、見に来る人の多くが156以前のモデルに乗ってる方とのこと。どうやらこの人たちはGMのエンジンを積んだ巨大な159はどうしても触手が動かなかった方達の様で、一様にジュリアに乗ると満足し乗り換えを検討し始めるらしいです。

そして、あ〜FR〜と感じたのは直角に左折した時。

「わ〜、スゴクちゃんと切れますね、ステアリング(笑) FFのアルファは切れな過ぎてビックリするぐらいだったので。」

今度のジュリアは大きさに比して、とにかくFRによる軽さと軽快さが際立っており、大きさを感じないフィーリングのせいで本当に運転が”楽しい”。
こうなってくると、

画像


クワドリフォリオにも乗ってみたい。

画像


「直4でも十分いいですけど、V6はだいぶ違いますか?」

「正直違いますね。まあちょっと行き過ぎぐらいヤンチャな味付けなので、家族使用みたいなのはどうかと思う位です。」

今度のV6は全くの新造エンジンで、元はフェラーリのV8らしく、ここから2気筒カットしたという成り立ちっぽいです。
後でエンジンを掛けて排気音等を聞きましたが、Raceモードではサンデーレースカーです。ちょっと住宅街に入っていくのは気が引けてしまうぐらい盛大。
でもいいんだろうなぁ、V6。156のV6も超色っぽいフィーリングだったし、アルファが味付けセッティングしたならきっと同じような方向性のはず。

でも良く考えるとクワドリフォリオが500PSオーバーで約1150万って実はバーゲンプライス。仮想敵はメルセデスAMGやBMW-M。M3でも確か1400万位(?)、M5なら1700万位(?)そう考えると安い!お得!
これは売れそうだなぁ。。。

画像


カラーも最近のアルファやフィアットにはなかった位選べる色が多い。更に内装色もほぼ選べる状態なので、納車までの期間が長くなるのを許容出来れば拘って自分のジュリアをオーダーするのがいいでしょうね。

自分の好みはメタリックのモンツァレッドかモンテカルロブルー、ちょっと意外な線ならリーパリグレーとか。
あとは少々エクストラになってもホイールは印象が大きく変わるので選びたいですね。

画像


画像


ジュリアは久しぶりのアルファらしいアルファかなと思いました。
ちょっと大きいことや、悪くはないけど顔がもうちょっとハンサムならみたいなこともありますが、そんな事がどうでもよくなるくらいフィーリングは軽く軽快です。155や156が好きな人はもれなくジュリアは好きじゃないかなぁ。

そういえばディーラーの方によると来春にはヴェローチェに右H FRモデルが追加されるとのこと。これが本命かなぁ。。。
このモデルは追加になるのか、左H AWDモデルとの入れ替えになるのかはまだわからないとのこと。そうなると左Hに強いこだわりのある人は、来春までにヴェローチェを買った方がいいんでしょうね。
またラインナップのディーラー車はすべて8ATですが、本国にはHパターンのマニュアル設定もあるそうで、FAJからもリクエストはしているとのこと。もう今更という声もあるでしょうが、折角のFRアルファ、自分なんかの世代以上ならHパターンを望む人もいると思うので、これも実現すると嬉しいですけどね。

とにかく一言でいえば新しいジュリアはスゴク良かった。
運転も楽しく、家族で十分使え、荷物もまあまあ乗る。優秀。
いずれクワドリフォリオを試乗するが当面の目標でしょうかね(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ディーラー試乗記 アルファロメオ ジュリア REGISTRO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる