REGISTRO

アクセスカウンタ

zoom RSS モンテカルロツーリング@中伊豆

<<   作成日時 : 2017/12/17 12:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年最後のツーリングに参加してきました。

画像


そう、今回はモンテカルロだけでなく、もう一つのモデルのオーナーの方々との合同ツーリング企画。

画像


アルピーヌA110&マトラジェット。

A110、いいですねぇ。。。
デルタ16Vに乗っていた時、

「次に乗りたいクルマが見つからないんですよね・・・」

と言っていた自分に、当時お世話になっていた主治医が勧めてくれたのがA110。

「貴方に向いているのはA110!」

と言われたのを今でも覚えています。
確かにイタ車以外で、真剣に欲しいのってA110、S800、911S、XJS・・・あれっ、意外とある(笑)
当時はビカものでも400〜500万位だったけど、今や1000万オーバー。。。買えませんね。

今回、A110との合同ツーリングになったのは、双方を所有しているSさんのアレンジ。丁度、お互い同日にツーリングを計画していたので、それなら一緒に走ろうと。しかも集まって来たのは、本物のGr4他、1300、1600そろい踏みで、スゴク興味深く見せていただきました。

集合場所は伊豆十国峠駐車場。朝、自宅を出て中央道〜圏央道〜小田原厚木道路と来て、平塚PAでX1/20さんと合流し、箱根口からはターンパイクを駆け上がって20号線に入り9:00に到着。クルマを降りると挨拶もそこそこにクルマ談義が(笑)この辺りはどの車種、メイクスでも同じですね。

1時間程、ワイワイとお互いのクルマをとっかえひっかえ見ながらあーでもない、こーでもないとクルマ談義に花を咲かせた後、じゃあそろそろとSさんから本日のツーリングコースの説明が。

画像


ちゃんとコマ図の説明資料を用意していただいていましたが、コースはSさんが以前のイベント等で使ったルートのリバイス版だそうで、晴れていればとても楽しいコースとのこと。早速モンテカルロ〜A110の順で次の目的地、達磨山レストハウスに向かいます。

コースは伊豆スカイラインから韮山を下り沼津方面に。そこから伊豆市に入りレストハウスへ。約40Km程の行程で有料道路を含めかなりアップダウンもあり、自分のノーマルモンテにはややハード目のコースです。
しかも先導するSさんはサーキットでフォーミュラを操ったり、ヒルクライム・ラリーも走るセミプロみたいな方。とにかくペースが速いのでこっちも気合を入れて追いかけないと、あっという間にロストしてしまう感じです。
久しぶりに常時5〜6000rpm位で追いかけていると、エンジンは本来のポテンシャルを見せて調子も絶好調。やっぱりこういう走り方をしてやらないとダメだなぁ〜と反省しました。ハイ。

あっという間にレストハウスに着いてランチタイム。一緒に参加していたSr1のMotoshiさんから、

「中村さん、下りが速いね〜」

と。

「登りはパワーがなくてどうにもならないんです。下りはパワーいらないんで。。。」

何とも残念な理由です。。。

今回4台のモンテが参加していましたが、SさんとX1/20さんのモンテはツインキャブに換装されていますが、Motoshiさんと自分のはシングルキャブのまま。Sさんのモンテも、X1/20さんのモンテも運転させてもらったことがありますが、フケ上がりの感じはそれ程大差ないものの、トルクは明らかに上。峠道では如実に差が現われます。
ああ〜、やっぱりいずれはツインキャブに換装したい。。。

画像


達磨山レストハウスは初めて立ち寄りましたが、眺めが最高。伊豆側から駿河湾、沼津市、富士市の市街の先に富士山が聳える素晴らしい眺望です。
レストハウスでちょっと遅めのランチを食べ、自己紹介をしつつまたまたクルマ談義(笑) A110オーナーの方々にはクラブの会報を見てもらったり、モンテの良さを刷り込んだり(笑)
A110のオーナーの方々の話を聞いているとやっぱり一度は乗ってみたいという思いがフツフツと・・・ ヤバいヤバい(笑)

画像


ランチも終え、ひとしきり話も落ち着いたので、最後の目的地中伊豆ワイナリーシャトーへ出発です。

レストハウスを後にし、西伊豆スカイライン〜修善寺〜ワイナリーと、今度も40Km弱の行程です。道的にはこの工程の方がややタイトな山道。そしてやっぱりモアパワーの心の叫び(笑) まあ将来の課題ですね。

画像


このワイナリー、20年以上前に奥さんと来たことがあってそれ以来。大きくは変わっていませんでしたが、経営母体も変わって企業グループが経営していることもあり、個人的にはあまりワイナリーとしての興味はありませんが、場所や施設はそれなり。ワイナリーの方も言っていましたが、こちらは結構クルマのクラブのイベントに利用されていたりするようで、確かに首都圏周辺の人達が集うには距離的にも施設的にも丁度手頃な感じがします。

こちらでの最後の休憩をしましたが、空模様が微妙になり小雨も落ちてきたので解散に。
解散前には折角なので裏の芝生エリアにクルマを並べ記念撮影。

画像


今回、A110の走りをチラチラ見ていましたが、モンテカルロと比べるとこちらはレーシングカーだなという印象でした。
オーナー曰く、同じRRでも911よりダイレクトでバイクのような楽しさがあるとのこと。ある意味、セブンのようなプリミティブさと、ラテンのエモーショナルな乗りアジを併せ持ったクルマなのかなと思います。

先ずは久しぶりにツーリングらしいツーリングが出来て大満足。更にA110のオーナーの方々の話も聞けて有意義な時間でした。
今年はモンテカルロオーナーとの集まりも数回行うことができました。来年もこういった走る集まりをやっていきたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンテカルロツーリング@中伊豆 REGISTRO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる