テーマ:Music

こう見えて、結構物持ちいいんです

長年使ったアンプが壊れてしまったので買い換えました。 今回、壊れたのはギターアンプじゃなくて、オーディオアンプ。 最近はあまり見かけなくなったハーマンカードンのプリメインアンプ。これ何と約30年前に買ったもの。そう考えるとよく持ちましたね、今日まで。 一番、オーディオに興味があったのは中学から高校の頃。ある知り合い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40年経ちました

Free Spiritから40年ですか、、、そう考えると凄いな。。。 随分時間が経ったんですね。もう70年代は遥か彼方、半世紀も前になっちゃうのかぁ。 今回のYOUNG GUITARのCharさん特集、ボリュームがスゴイ! 冗談じゃなく冊子の40%は特集です(笑)過去のインタビュー記事の再掲もあるけど、時代による発言の変化も感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての王道

初めて所有することになりました。 ロック小僧の理想の音がする!かどうかは人によりけりかもしれませんが、やっぱり王道といえばマーシャルですよ、マーシャル。 でも自分で所有したことはなく、スタジオで使ったことがあるだけでした。 そもそも自分で初めてアンプを買ったのは大学生の時。もうモデルも全く覚えていない安~いフェンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーホール再び

ストラトに続いて、ようやくこちらもオーバーホールを終えました。 このマスタングも気がつけば入手して15年位も経っていましたが、一度もオーバーホールしたことはなく。オーバーホールしたストラトがビックリするくらい綺麗で弾きやすくなって帰って来たので、マスタングも早くやろうと。 今回もフレット交換&ネック調整、全分解でのク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーホール

随分長い間やりたいと思っていたオーバーホール。 ようやく実現しました。 もう中古で買ってから15年位。シリアルからすると40年弱も経っていて、見る限り一度もオーバーホールした形跡はなく、ハイフレットでは音詰まりも出始めたので、さすがにもうやらないとという感じでした。 パッと見はまあまあな状態だったと思いますが、折角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40周年

40年前というと10歳になってない。 その頃の記憶というと、キャンディーズとかピンクレディーとか。でも確かギター弾いて歌ってた髪の長い兄ちゃんがいたような、、、そんな程度。 まあちゃんと聞き始めたのは実は大学生になった頃から。 フリースピリットは衝撃だったなぁ。。。 へんなもので、ストラト持ってもそういう気にはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIGHWAY ONE

安いものにはそれなりの理由があります。 某所で見つけたベースは処分特価で片手万円以下でした。 (オッ、USモノでカラーも希望のサンバースト! アメスタかな? こりゃあ買いかなぁ・・・ でもこんなに安いって、、、) 幾ら最安のアメスタでもこの値段は見たことがない。酷いダメージがあるとか、ネック折れ補修済みだったり、訳ありなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイブームは再びの・・・

ここのところブログ更新をせずに2ヶ月近く経ってしまいましたが、しなかったというより出来なかったといった方がまあ正しいかなと。 出来なかった理由ですが、仕事が忙しく連日午前様でもう寝るだけだったという訳でもなく、ネタがなくて困り果てていたという訳でもなく、今年に入って長年欲しいと思いつつ、結局一度も手に入れたことのなかったあるものを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近はむしろ・・・

久しぶりも久しぶり、吉祥寺の山野楽器に。 そして恥ずかしながら久しぶりに弦も購入。 もう20年位変わらずアーニーボール。 デザインも変わらないって逆に凄い(笑) さて思い立ったように山野に行ったわけではなく。。。 ここにきて息子がギターが欲しいと。 「ホントにやるの~? 買ってもさぁ、練習しなきゃ弾けない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dan-E-Mc ft. Vanessa Jay Mulder - Summer Night

これは、、、イイねぇ。。。 こんなにモンテカルロがフューチャーされた映像もなかなかないからなぁ。。。 それにしてもこれを見てるとSr1が超カッコいい。 そもそも70年代のモダンデザインを色濃く感じさせるのは圧倒的にSr1。なかなかコンディションのいいクルマを見ないので食指が動きませんが、こんな抜群のを見ちゃうとSr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだあります Lancia CD

結構あるんですかね、この手のCD。 あまり日本のディーラーではこういったCD作ってなんて聞いたことがなかったので、珍しいもんだと勝手に思い込んでましたが、ヨーロッパでは結構あるのかも。 今回のCDタイトルは「World Music Lancia」。 内容も、、、結構有名どころが名を連ねてますね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lancia CD 再び

別もありました。 タイトルも微妙に異なる「Lancia Classical」。 デドラのタイヤがCDに。 「Lancia Classic Hits」より、ちょっと気が効いたジャケ裏デザイン。 選曲は聞けば知ってる有名どころばかりで、Lancia Exprienceの画像に持っていってもバッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lancia Classics Hits CD

先日、久しぶりにeBayを眺めていたら珍しいものが目に飛び込んで来ました。 何とランチアのオフィシャルCD(?)。 (へぇ~、こんなのあるんだ、、、お幾ら。。。) 出品価格を見ると£3.88。日本円にして600円弱。 (安っ!(笑)) 送料込みでも1000円ちょっと。 これなら話の種でもいいやとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18000/20000000の幸運

このライヴは2007年のアトランティックレコード創始者のトリビュートコンサートでのヘッドライナーとしてのもの。 何だかつい最近だと思ってたら6年も経ってました。。。 全世界2000万人の応募(!)の中から選ばれた18000人のラッキーな人達だけが見ることが出来た伝説の1夜限りのライヴ。 実際はどうなんだろうと。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Goodbye Johnny

Johnnyさんが亡くなった。 数年前に大病をしたときから随分やつれていたので、何となくいつかはこんなこともあるだろうみたいな予測があったからか、思いのほか冷静でいる。 が、、、もう二度とステージに立つJohnny Lous & Charが見られないというのは、、、ショック以外の何物でもない。 自分にとっての音楽史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRADROCK by Char 小金井公演

こんなに自宅の近くで公演があったのは初めて。 家族全員で行ったのも初めて。 さて今日は息子のライヴデビュー!(って別にステージに立つわけじゃないけど。) 大事な名前をもらった人を見せるという目的が達成できて親としても何だか嬉しい。 今日は親も息子も予定を切り上げて早々帰宅。 最後まで聴いたら結構な時間に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Charizma

予約受け付けは、あっという間に終わったらしい。 結構な価格だと思うけど、まあこれは判ります。 随分前からエンドース契約はいつか、みたいな噂話(?)はありましたが、いよいよって感じです。 このカリズマ、バーガンディとダフネを分析して基本線を決めたようです。 音聞いても、言われてみればぁぁぁぁ、そんな感じ。 何より眉唾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名前をもらった人に会いに行く

ある日の告知情報。 「TRADROCK by Char 小金井公演 ・・・」 (この小金井って・・・) ネットで確認するとやっぱりお隣の小金井市。 (おー、コリャ近い。いい機会かなぁ。。。) 仕事中でがっつりTELしまくりもできないので、速効奥さんにチケット購入を依頼。 何とか取れましたこちら。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

By 本人

TRADROCKの最後のリリースは、結局行けなかった野音を含むツアーのDVD+CD、Char by Char、つまりセルフカバー(?)でした。 今回のツアー、これまでのTRADROCKで取り上げたアーティストの曲ももちろんですが、Charさんの自身の曲を結構やっており、寧ろこっちの方が本人的には興味があるチャレンジだったのではと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRADROCK その2

やっぱりCharさん、ザ・ギタリストって感じのヤツも是非! ◆All Along The Watchtower もう言う事ありません。 意外とジミヘンて聞いてなかったって、衝撃的なことを言ってましたが、どうですρ(・д・*)コレ! こんなカッコいいAll Along The Watchtower、聞いたことありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRADROCK その1

マイミクさんのBlogを見てまたまたYouTube三昧。 TRADROCKの映像がそこそこ上がっていたので、是非! 先ずは万人に聞いてもらうには良いネタ、Beatlesから。 ◆And Your Bird Can Sing スゴク古いグヤトーンのギター使ってます。 ヘッドにはBeatlesのロゴが入ってる。まあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルパン三世 炎のたからもの

何がフックかは判りませんが、先日スタジオジブリに関する特集番組をやっていました。 Fiat500が、日本でこんなにポピュラーな存在になったのは間違いなくルパンのお陰です。久し振りに映像を見て、いずれFiat500に乗るのも悪くないなって思ったりしました。 今思えば、子供心に世界を初めて意識したのはルパンを通じてだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Char meets Steve Lukather

同世代の同じようなギター好き。付き合いもずいぶん長いですね。 チャーさんのような原音を大事にした方向の音に尊敬の念を抱きますが、一方ではスティーブ・ルカサーの音もわかります。この音は弾いてる人間には超気持ちいいはず。どこまでも行ってしまいそうな感覚になります。 それにしてもルカサーのレスポールはホントにい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Char meets Marty Friedman

やたらとヘンで流暢な日本語を話すだけじゃないですね。 如何にもメタル・ギタリストって感じですが、やっぱりマーティ・フリードマン上手いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CB&A

このユニット(企画?)でのツアーがあるって判った時は、やっぱりミーハーに超興奮してしまいました。 まさかねぇ~、CharさんでBB&Aが聞けるなんて夢みたいって思いました。 BB&Aも良かったですが、結構カクタスとかが良くってビックリ。そうそうファッジも涙もんでした。 結構、B&Aはいい加減だったようで、スッタモンダも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川区民芸術祭2010 TRADROCK by Char

品川区民ではありませんが、何か? 久しぶりも久しぶり、Charさんのライヴに行って来ました。 Charさんが、地元品川、戸越を愛するのは有名ですが、今回も区民祭に請われて出演のようです。 セットリストは、現在もリリースが続いているTRADROCKシリーズと、Charさんのキャリアからのオリジナルによるもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CXTV 「神々の宴」 Travelling

これも貴重なテイク。(番組?) 房さんのこの曲はとても好きですが、オリジナルに近いメンバーでのアレンジより、このユニットのアレンジの方が断然好きです。 まあRockっぽいちゃあ、Rockっぽいからかなぁ。 Welcome To My Lifeビクターエンタテインメント 1998-09-30 村上“ポンタ”秀一 Am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1992.1.10 ROCK鳴缶-でかい音で聞け!! Head Song

こんな番組、もうやらないだろうなぁ。。。 カッコいいです。 深夜テレビ用のスタジオ・ライヴなのでこじんまりと纏まった感じですが、個人的にはこういう贅肉のないタイプのテイクもとっても好きです。 丁度この頃、Charさんは黒のムスタングを良く使っていました。 マイ・ムスタングも同じローズの黒なので余計Goodな映像です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1979・07・14 日比谷 Free Spirit Natural Vibration

う~ん、やっぱりこの曲は今でもこの時のテイクが一番好きです。 この曲のリズムは欧米系の人間では絶対出てこない独特のものだけど、日本人だからかなぁ~ くるんです、コレ。 一番現場に行って生で聞きたかったライヴです。 (まだ小学5年生だった、、、無念。) Free Spirit 1979.07.14江戸屋 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more